車は必要不可欠な存在

犬を二匹飼っている私にとって、車は必要不可欠な存在です。
初めて犬と遠出した、アウトレットにも行くのも愛車で。

犬が突然のケガで、病院に行ったのも、愛車で。
ケガをさせてしまった、ことを後悔し、愛車の中で運転中にもかかわらず、大泣きしたコトもありました。

仕事で疲れ果てた体を癒やしてくれたのもこの愛車。
病院勤務のため、時間がまばらで、帰る時間が次の日になることもしばしば…。

大好きな、音楽をかけて1人カラオケを楽しんだ記憶もしばしば…。
大好きな、仲間と日帰り旅行したのも楽しかった思い出です。

その私の愛車は、日産キューブです。
形も色も大きさもすべてお気に入りです。

そんな、愛車キューブは、発売から計算すると、もう六年経ちます。
走行距離70000キロ以上まだ乗れるか!まだ乗れるかと思いながら現在に至ります。

新車購入を考えた時がありましたが、やっぱりキューブ以上の車とは出会えず、断念。
キューブを超える車にはなかなか巡り会えていません。

最近は、ミニクーパやホンダのヴェゼルという車もカッコイいと思っていますが、思うだけで、いざ購入となるとなかなかキューブを上回らないので、諦めています!買う気がないんじゃないかと思われてしまうかもしれませんね。
まだまだ、キューブとのお付き合いは、続きそうです!